top of page
  • eagle19640005

高齢者の筋トレ

関節痛に悩まされていたり筋力低下を感じている方も多いと思います。

それを、歳だからということだけで片付けてしまわないこと。

筋肉は高齢でも鍛えたら変わります。

研究でも90代の方が30%筋力アップしたというデータもあります。

自分に諦めない…諦めたらそこで終わりなんです。  但しどこでやっても筋肉がつくわけでもありません。

実際通ってはみたけど膝を痛めたとか、筋肉がつかなかったと私の所に来る方も多いです。

私は外部で教室もやっていますが、そっちにはそういう方が集まります。

膝や股関節を手術したあとのトレーニングの仕方など困っている方は一度相談に来てください。

関節だけにとどまらず筋肉はカラダを守ります。最初のアプローチをどうするか…です。

運動ならなんでもいいわけではありません。

筋トレといいながら、指導する側に技術がなく

効果的な筋トレになっていないことの方が多いのが現実。 肥えた人にダイエットの話しをされても説得力はありません。

細い人に筋トレのうんちくを言われても、ほんとに筋肉つけられるの?と思ってしまうのと同じです。

このジムは筋肉工房と謳っているので、選手中心と思われやすいのですが、実際はそうではありませんありません。

筋トレを継続することで、年齢重ねても若々しくいられる…生活習慣病の改善…追々は介護予防と繋がっていきます。

60歳以上の方の筋トレ率を増やしたいことがジムを始めたキッカケです。

周りに困っている方がいたらぜひ一度相談だけでもとお声がけください。

最新記事

すべて表示

何でも続けるって難しいですね。 遊びである趣味でもそれだけをずっと続けている人は少ないと思います。 健康の為にウォーキングしたり、筋肉をつけないといけないからと筋トレ始める人も昨今は多くなったと思いますが、続かない人が圧倒的に多いですね。 何年も何十年も継続できる人は、それだけで才能と言われます。 筋トレ含め運動は、継続してこそほんとうの効果を得られます。 とにかくゆっくりでいいので、諦めず歩を進

コロナ禍で不自由は多いですが、そのおかげでボディビルやフィットネス競技への参加選手は増えてきました。 長野県においても若い選手の出場が格段に増えました。 特に女性選手の増加は嬉しいことです。 今期もそろそろ選手登録が始まりますが、ジム内にある上田ボディビル・フィットネス同好会にも、新規の登録が増えそうです。 日本大会が8月に移行し始めて、地方やブロック大会の開催が1か月早まっていることもあり早々に

アンチエイジングという言葉が良く聞かれるのは女性の肌に関するものが多いかと思います。 高い化粧品を使って少しでも若くいたい…見られたいと心理。  そういう気持ちは無くしてほしくはありません。 ただアンチエイジングの為に体の中からと考える方が少ないと感じます。 フェイシャルに通ってるのに食事には無頓着だったり…。  体に必要な栄養を摂ること…体が糖化に向かうような食事をしないなど食事改善で肌ツヤはか

bottom of page