top of page
  • eagle19640005

選手としての姿勢

先日東京ノービスが終わりいよいよ本格的な大会シーズンに入ってきました。

ボディビル大会は減量して余分な脂肪を落としてという大変な作業があります。

これが中途半端だとステージ上では全く良く見えない体になります。

お祭りでちょっとやるくらいならそこそこの体でも充分盛り上がります。

しかし、大会は筋繊維のラインが見えるほどのカットを出さないとステージ映えせず結果も良くないものになります。

JBBFの大会は、日本唯一選手権大会と銘打って開催されるものです。

例えば長野県選手権大会の一般の部で優勝すれば、その年の日本選手権に出場できるクオリファイを獲得できるのです。

選手権とは権利を獲れる大会ということです。

大会に対しての選手の意欲にはいろいろあります。

県大会で満足できる場合…更に上の大会を目指したい場合などですが…どちらにしても出場する以上結果を求めるところは同じです。

予選落ちでもいいと思う人はいないはずです。

減量までして大会目指すわけですから、妥協せずに

絞り切って欲しいと思います。

今年の同好会の選手達も皆んなが満足いく結果を残せるように頑張ってほしいと思います。

減量に関しては私も全く手伝いはできませんので。

自分に厳しく…死に物狂いで絞ってくださいというのが私の思いです。

最新記事

すべて表示

7月23日日曜日…塩尻市レザンホールにて40周年記念大会としても開催されます。 20代から70代までの幅広い年齢層の選手が熱い戦いを繰り広げます。 この競技はとても見応えのある大会です。 観戦した方は誰もがおもしろかったという感想を言われます。 昨年もジムの会員さん達が応援に行かれました。 ジム駐車場に集合して2台で会場入りしました。 今年もその形で皆さん集まります。 大会チケットはジムにて販売し

師匠の所にポージングの指導を受けに行きます。 ボディビルの大会は、このポージングを上手にとることで体をより良く見せることができます。 彫刻も頭の位置から計算されて造られています。 ポージングも同じです。 指導していただき修正してもらうと鏡に映ったポーズは明らかに違います。 ボディビル競技は前日までの準備ですが、このポージングもしっかり練習しておかないと当日強いところも弱く見えたりして損をします。

大会初戦まで2か月を切りポージング練習も始めました。 若い会員さんが、2年前の9月のポージング練習の動画を持っていて現在との比較ができました。 ストロングポイントの胸の筋肉が丸みを帯びてきたこと、胸の鎖骨よりに厚みが出てきたことなど改善が見られ今期の自分に期待できそうだなと思いました。 まずは6月に師匠に会うのでどんな評価をされるか楽しみです。

bottom of page