top of page
  • eagle19640005

筋肉を使うこと

来月の世界大会に向けての調整は続きますが、トレーニングは来年以降に向けてやり方を変えたりしています。

先日の日本クラス別で20代の選手たちと戦い、何をしなければいけないか…明確になった部分があります。 ちょっと忘れていた部分でもあり、反省もありながら以降はやり方を変えてトレーニングしています。 脚は特に筋肉痛の起こり方が明らかに酷くなりました。

筋肉は負荷という刺激で蛋白同化作用が起こり筋肉を造ろうという反応が起こります。

仮に数年続けていたのにやめてしまったら、徐々に衰えていきますから最終的には数年の努力は無駄になります。

ですから、こつこつ続けることが大切です。

鍛えたら衰えず維持できるなら楽ですが、維持なんて不可能ですから、当たり前な生活を続けるには継続という努力が必要です。

やめても急に落ちるわけではないので衰えには気づきません。 気づいた頃には筋トレ再開するのも大変な思いをしますから今頑張っている方は続けておくことをおすすめします。

30年超えて続けてきて同年代を見渡せば、継続してきて良かったと心の底から思う今日この頃…。

最新記事

すべて表示

日本マスターズに集中して💪

6月下旬にモンゴル🇲🇳で開催されるIFBBアジア選手権の出場打診がきた。まだ減量に入っていないので、その時期に仕上がりをピークに持っていけるかということもあり今回は出場を辞退しました。 昨年の世界大会以降、やはり日本を勝って代表で行かなければという思いが強くなりました。 今も気持ちは世界大会で負けた選手にリベンジする為にどうするか?を考えて外人選手全体的に発達してるなと感じた部位の強化と体重差

又聞き

先日もう15年以上の付き合いの男性美容師さんに切ってもらっている時の話で、妻も担当していてその時の会話で、息子がお父さんを尊敬してるという話を妻にしたらしい…日本代表まで登りつめ世界大会まで行ったこと…。自分が苦しかった時に一度でもがんばれと言わなかったということを話したそうです。 がんばれと言われなかったことが、嬉しかったらしい。 私もただ言わなかったわけではなく話を聞いてがんばれと言うことはで

2月

早いもので2月になりました。 3月になれば春近しで、嫌な寒い時期も終わっていきます。 冬季は、体の冷えで不調を感じることが多くなります。 風呂にゆっくり浸かる・体を温めるものを食材に取り入れる・ゆっくりストレッチをするなど 対処しましょう。 我慢して何もしないことの方が冬季を辛い思いで過ごすことになります。 春夏秋冬の旬の食材は、その次に来る季節の為の体の準備と言われます。 野菜も冬が旬のものを食

bottom of page