top of page
  • eagle19640005

筋トレマシン

24時間ジムも増えてマシンも進化して動かしやすくなってきています。

鍛えてる感も満載ですね(笑)

そんな中聞こえてくるのが、勝手に効いちゃう。 意識しなくても効くということ。


有り得ませんね…。

私もゴールドジムにたまに行きますから、最新マシンは使っていますが、どのマシンでも効かそうとして自らの意思で筋肉をコントロールしてそのマシンを動かします。

必ずマッスルコントロールは必要になります。


私もトレーニングを始めて最初はパンプ感があれば効いてると思ってそれだけで満足し、できてると思っていましたが、今は重りが上下する間に感じている感覚は全く違います。


今始めて数年の皆様…じっくり取り組んでマッスルコントロールを覚えてください。

すると、もっともっと色々な気づきに出会えます。

筋トレが奥深いことも。


おまけのマシン紹介…

今ジムにあるレッグプレスマシンは45度の角度のもの。 当ジムのマシンはもっと角度があります。設計者のお話だと1980年代に45度のマシンが普及し始めたそうです。

当時設計者は世界チャンピオン・アーロンベイカーや第19代Mr.オリンピアのサミール バヌーとトレーニングされていたそうで、高重量が簡単にできるという感覚だったそうです。

そんな時選手でもない介護士の女性が変わらない重さを簡単にやったのを見て疑問に思い、研究しスクワットと45度のマシンの中間辺りの角度にたどり着き開発したそうです。

実際使ったアメリカのプロビルダーからも、よく効くけどなぜだ?と質問攻めにあったそうです。 答えは45度のマシンは脚ではなくマシンに重さが乗ってしまっていること。

45度のマシンの開発者は頭はいいがトレーニングをしている人ではなかったとの回答です。

脚に効く感じが全く違ったので、私から質問して聞いた話です。

毎週脚の日はこのマシンで恐怖感を味わいながらやっています。もちろんまだ選手として脚はもっと変えなくてはいけない立場だからです。

一般の方にはもちろん優しくご案内していますので、ご安心を(笑)




最新記事

すべて表示

北陸甲信越選手権終了

7月15日に塩尻市レザンホールにて開催された北陸甲信越選手権は、6県対抗戦第1回大会でもあり出場選手数も200名近かった為、大いに盛り上がった1日となりました。 当上田ボディビル・フィットネス同好会選手は、メインの男子ボディビルで11位と12位(決勝12名) 40歳マスターズで8位  50歳マスターズで5位と4人の入賞者でした。 来年は福井県開催となります。 選手はこれでシーズンオフですが、私はこ

只今減量中

先週水曜日辺りから疲労感が強く重量扱ってもスタミナ切れが激しく粘れない…土曜日の疲労感がまた兎に角強くて、しばらく止まってた体重が落ちてるなーと感じて日曜日に測定したら1キロ落ちてました。 この体重で、もう昨年秋の最終戦で測定した体重に近づき見た目も納得の状態になりました。 来月15日の今年初戦もいい仕上がりを見せられます。 今年も世界へ辿りつけるようにがんばろう‼︎

講習会

今年は例年通りの講習会をしたり新しく講座を頼まれたりと有難いお話をいただいています。 今日は病院から講習会の依頼がありました。 これからも年は重ねますが、年齢はただの数字を体現しながら健康事業に邁進していきたいと思います。 明日15日は塩尻市レザンホールにて長野県大会が開催されます。 厳しい減量を乗り越えて辿り着くステージですから楽しんでポージングしてもらいたいと思います‼︎

Comments


bottom of page