top of page
  • eagle19640005

痛みとの付き合い方

ただの腰痛…ヘルニアのある腰痛など痛みがあるとトレーニングは回避してリハビリをする。

悪いとは思いませんが、筋トレそのものもリハビリになります。

案外そう思わない方が大半です。

痛みのでるものはやらない…

痛まない種目を探してトレーニングを継続することで筋力も衰えさせずリハビリにもなります。

ただ痛いと気持ちが引いてしまうんでしょうね…

私は衰えることの方が怖いので、やれる種目を探します…

右の肩鎖靭帯を伸ばしてしまいベンチプレスができなかった時も痛まない種目を見つけてやってました。

ドクターからも肩周りの筋肉つけて関節が安定してくれば靭帯が伸びたままでも痛みはなくなると言われて喜んでやってましたね。

実際痛みはなくなり今も元気にトレーニングを楽しめています。

高齢者は衰えるのは早いです。

筋肉を造ることを最優先にできることからやることがそのままリハビリになることを理解してもらえたらと思います。

筋肉を造ることを放棄してリハビリをしても

衰えて歩くのも大変になったら意味はありません。 後悔先に立たず…当然です。

後で悔やむと書いて後悔ですから。


最新記事

すべて表示

日本マスターズに集中して💪

6月下旬にモンゴル🇲🇳で開催されるIFBBアジア選手権の出場打診がきた。まだ減量に入っていないので、その時期に仕上がりをピークに持っていけるかということもあり今回は出場を辞退しました。 昨年の世界大会以降、やはり日本を勝って代表で行かなければという思いが強くなりました。 今も気持ちは世界大会で負けた選手にリベンジする為にどうするか?を考えて外人選手全体的に発達してるなと感じた部位の強化と体重差

又聞き

先日もう15年以上の付き合いの男性美容師さんに切ってもらっている時の話で、妻も担当していてその時の会話で、息子がお父さんを尊敬してるという話を妻にしたらしい…日本代表まで登りつめ世界大会まで行ったこと…。自分が苦しかった時に一度でもがんばれと言わなかったということを話したそうです。 がんばれと言われなかったことが、嬉しかったらしい。 私もただ言わなかったわけではなく話を聞いてがんばれと言うことはで

2月

早いもので2月になりました。 3月になれば春近しで、嫌な寒い時期も終わっていきます。 冬季は、体の冷えで不調を感じることが多くなります。 風呂にゆっくり浸かる・体を温めるものを食材に取り入れる・ゆっくりストレッチをするなど 対処しましょう。 我慢して何もしないことの方が冬季を辛い思いで過ごすことになります。 春夏秋冬の旬の食材は、その次に来る季節の為の体の準備と言われます。 野菜も冬が旬のものを食

bottom of page