top of page
  • eagle19640005

痛みとの付き合い方

ただの腰痛…ヘルニアのある腰痛など痛みがあるとトレーニングは回避してリハビリをする。

悪いとは思いませんが、筋トレそのものもリハビリになります。

案外そう思わない方が大半です。

痛みのでるものはやらない…

痛まない種目を探してトレーニングを継続することで筋力も衰えさせずリハビリにもなります。

ただ痛いと気持ちが引いてしまうんでしょうね…

私は衰えることの方が怖いので、やれる種目を探します…

右の肩鎖靭帯を伸ばしてしまいベンチプレスができなかった時も痛まない種目を見つけてやってました。

ドクターからも肩周りの筋肉つけて関節が安定してくれば靭帯が伸びたままでも痛みはなくなると言われて喜んでやってましたね。

実際痛みはなくなり今も元気にトレーニングを楽しめています。

高齢者は衰えるのは早いです。

筋肉を造ることを最優先にできることからやることがそのままリハビリになることを理解してもらえたらと思います。

筋肉を造ることを放棄してリハビリをしても

衰えて歩くのも大変になったら意味はありません。 後悔先に立たず…当然です。

後で悔やむと書いて後悔ですから。


最新記事

すべて表示

何でも続けるって難しいですね。 遊びである趣味でもそれだけをずっと続けている人は少ないと思います。 健康の為にウォーキングしたり、筋肉をつけないといけないからと筋トレ始める人も昨今は多くなったと思いますが、続かない人が圧倒的に多いですね。 何年も何十年も継続できる人は、それだけで才能と言われます。 筋トレ含め運動は、継続してこそほんとうの効果を得られます。 とにかくゆっくりでいいので、諦めず歩を進

コロナ禍で不自由は多いですが、そのおかげでボディビルやフィットネス競技への参加選手は増えてきました。 長野県においても若い選手の出場が格段に増えました。 特に女性選手の増加は嬉しいことです。 今期もそろそろ選手登録が始まりますが、ジム内にある上田ボディビル・フィットネス同好会にも、新規の登録が増えそうです。 日本大会が8月に移行し始めて、地方やブロック大会の開催が1か月早まっていることもあり早々に

アンチエイジングという言葉が良く聞かれるのは女性の肌に関するものが多いかと思います。 高い化粧品を使って少しでも若くいたい…見られたいと心理。  そういう気持ちは無くしてほしくはありません。 ただアンチエイジングの為に体の中からと考える方が少ないと感じます。 フェイシャルに通ってるのに食事には無頓着だったり…。  体に必要な栄養を摂ること…体が糖化に向かうような食事をしないなど食事改善で肌ツヤはか

bottom of page