top of page
  • eagle19640005

栄養の摂り方

ボディメイクや減量、介護予防に至るまで、筋肉の為には食事とサプリメントによる栄養の摂り方が重要です。

まだトレーニングした日しかプロテインを飲んでいなかったという人も見受けられます。

筋力トレーニングは、週何日かでオフの日もありますが、栄養摂取は365日休みはありません。

筋トレの継続も食事での栄養管理の継続も大変です。

健康でいつまでも元気でいたいなら両方の継続は必須です。

生活習慣病は、食事管理ができていないからなるもの。

筋トレを始めると筋肉つけるために食事の意識が変わります。

糖尿病や高脂血漿、高血圧など改善した人も多いです。これは中高年だけの問題ではなく、若年性糖尿病なんかも増えている昨今、若い人にも生活習慣病は増えてきています。

薬でどうにかしようとする場合が多いですが、

大体がいつまでも病院に通い、それが日課になっている人ばかりです。

筋トレをしていい食事の仕方を覚えることで、病院や薬から離れた生活をする。 

競技者も自分のカラダが資本で競技をするわけですから、きちんとした栄養管理をすることが今の時代に必要です。

筋トレも食事管理も継続するから得られるものが多い。

筋トレもやっていたんだけどね…ということを言われる人…それはやっていなかったことになります。

筋肉は維持は不可能ですから。

最新記事

すべて表示

何でも続けるって難しいですね。 遊びである趣味でもそれだけをずっと続けている人は少ないと思います。 健康の為にウォーキングしたり、筋肉をつけないといけないからと筋トレ始める人も昨今は多くなったと思いますが、続かない人が圧倒的に多いですね。 何年も何十年も継続できる人は、それだけで才能と言われます。 筋トレ含め運動は、継続してこそほんとうの効果を得られます。 とにかくゆっくりでいいので、諦めず歩を進

コロナ禍で不自由は多いですが、そのおかげでボディビルやフィットネス競技への参加選手は増えてきました。 長野県においても若い選手の出場が格段に増えました。 特に女性選手の増加は嬉しいことです。 今期もそろそろ選手登録が始まりますが、ジム内にある上田ボディビル・フィットネス同好会にも、新規の登録が増えそうです。 日本大会が8月に移行し始めて、地方やブロック大会の開催が1か月早まっていることもあり早々に

アンチエイジングという言葉が良く聞かれるのは女性の肌に関するものが多いかと思います。 高い化粧品を使って少しでも若くいたい…見られたいと心理。  そういう気持ちは無くしてほしくはありません。 ただアンチエイジングの為に体の中からと考える方が少ないと感じます。 フェイシャルに通ってるのに食事には無頓着だったり…。  体に必要な栄養を摂ること…体が糖化に向かうような食事をしないなど食事改善で肌ツヤはか

bottom of page