top of page
  • eagle19640005

日本クラス別

3日(日) 古都京都にて日本クラス別選手権が開催されました。

55㎏級・60㎏級・65㎏級・70㎏級・75㎏級・80㎏級・85㎏級・90㎏級の8階級です。

結果は、65㎏級 3位🥉とメダルを持ち帰れました。 高松での大会からの連戦となり疲れが残っていることを感じながらでしたが、ぎりぎりの状態ながらなんとか乗り切れました。

これで7月から札幌で始まったシーズンに一区切りつきました。 3つの日本大会すべて決勝進出で、メダル2個と100点の2023年のシーズンでした。

まだ、日本マスターズ2位で権利を獲得できた10月中旬スペイン・マドリードで開催されるIFBB・アーノルドスポーツフェスティバルへの代表選考中でもあり気持ちも体も、まだ完全にオフにはできない状態ではあります。

変な時間にブログしてますが、疲れているのに脳がリラックスしていないのか…3時に目が覚めてから寝つけません。 珍しく大会のポージングで所々筋肉痛です。 今大会で2位だった25才の選手に59才で軽量級で、この活躍は驚異でしかありません…と言われました。 審査員にも言われましたが、まだまだ若い選手の壁として立ちはだかっていこうと思います。 

最新記事

すべて表示

日本マスターズに集中して💪

6月下旬にモンゴル🇲🇳で開催されるIFBBアジア選手権の出場打診がきた。まだ減量に入っていないので、その時期に仕上がりをピークに持っていけるかということもあり今回は出場を辞退しました。 昨年の世界大会以降、やはり日本を勝って代表で行かなければという思いが強くなりました。 今も気持ちは世界大会で負けた選手にリベンジする為にどうするか?を考えて外人選手全体的に発達してるなと感じた部位の強化と体重差

又聞き

先日もう15年以上の付き合いの男性美容師さんに切ってもらっている時の話で、妻も担当していてその時の会話で、息子がお父さんを尊敬してるという話を妻にしたらしい…日本代表まで登りつめ世界大会まで行ったこと…。自分が苦しかった時に一度でもがんばれと言わなかったということを話したそうです。 がんばれと言われなかったことが、嬉しかったらしい。 私もただ言わなかったわけではなく話を聞いてがんばれと言うことはで

2月

早いもので2月になりました。 3月になれば春近しで、嫌な寒い時期も終わっていきます。 冬季は、体の冷えで不調を感じることが多くなります。 風呂にゆっくり浸かる・体を温めるものを食材に取り入れる・ゆっくりストレッチをするなど 対処しましょう。 我慢して何もしないことの方が冬季を辛い思いで過ごすことになります。 春夏秋冬の旬の食材は、その次に来る季節の為の体の準備と言われます。 野菜も冬が旬のものを食

bottom of page