top of page
  • eagle19640005

子ども達への講習会

この3月は体育協会からお話をいただき、小学校高学年から中学3年生までの負荷をかける筋トレという題目で90分講習会をさせていただいています。


今は東大名誉教授でありかつてはボディビルで日本王者・ドーピング検査のない時代に世界選手権3位にまでなられた石井直方先生のお陰で筋肉の研究も進み筋トレそのものと食事に至るまで変わってきたことも多くなりました。


2度ほど直接お話させていただき、質問もいくつかして疑問がなくなったことも今の自分にはプラスになっています。

コンテストビルダーとして、石井先生の現役時代の経験からくるアドバイスは今も役だっています。


実際アドバイスいただいた翌年に日本王者につけたので感謝しかありません。


筋トレ意識の低い昭和の時代を考えると、今の子ども達やアスリートは恵まれています。


筋トレを覚えしっかり鍛錬して競技をがんばってほしいと思います。


その手伝いが少しでもできたなら私も生きた証が残せるのかなと思っています。

最新記事

すべて表示

何でも続けるって難しいですね。 遊びである趣味でもそれだけをずっと続けている人は少ないと思います。 健康の為にウォーキングしたり、筋肉をつけないといけないからと筋トレ始める人も昨今は多くなったと思いますが、続かない人が圧倒的に多いですね。 何年も何十年も継続できる人は、それだけで才能と言われます。 筋トレ含め運動は、継続してこそほんとうの効果を得られます。 とにかくゆっくりでいいので、諦めず歩を進

コロナ禍で不自由は多いですが、そのおかげでボディビルやフィットネス競技への参加選手は増えてきました。 長野県においても若い選手の出場が格段に増えました。 特に女性選手の増加は嬉しいことです。 今期もそろそろ選手登録が始まりますが、ジム内にある上田ボディビル・フィットネス同好会にも、新規の登録が増えそうです。 日本大会が8月に移行し始めて、地方やブロック大会の開催が1か月早まっていることもあり早々に

アンチエイジングという言葉が良く聞かれるのは女性の肌に関するものが多いかと思います。 高い化粧品を使って少しでも若くいたい…見られたいと心理。  そういう気持ちは無くしてほしくはありません。 ただアンチエイジングの為に体の中からと考える方が少ないと感じます。 フェイシャルに通ってるのに食事には無頓着だったり…。  体に必要な栄養を摂ること…体が糖化に向かうような食事をしないなど食事改善で肌ツヤはか

bottom of page