top of page
  • eagle19640005

大会出場を目指す

フィジーク部門ができてから、大会を目指す方が増えてきました。

出場だけが目標ではなくやっぱりいい結果を残したいという気持ちは誰しもが持ちます。


その為に懸命にトレーニングをします。

いい結果を残すためには、カラダを造形していかないと上位は難しい。


調整にしてもまず男性は腹筋が明確にわかる絞りでないと予選すら通らない。


比較されて同じくらいの評価となった時、弱い所が多いと不利になります。


トレーニング方法はいろいろありますが、

造形できればいいわけです。


形ができてこないということは、ダメなことをしている…そこに目を向けてください。


自分が1番自分を厳しく見ること。

自分を良く見てしまうと選手として伸びません。

結果をだしたければ、自分に厳しく

トレーニングも妥協などしないこと。


結果がでなかったら、審査員批判などせずに

何が足りなかったのかを分析してダメなところを改善するために、またトレーニングをする。


そしてまた、自信持って次のステージに立ってください。

スポットライトを浴びて立つステージの気持ち良さは誰しもが味わえるものではないですから。

どんどん大会を目指す方が増えたらいいなと思います。

JBBFという団体にも加入してレベルの高い所で戦う選手が増えることも希望します。


私もJBBFの長野県ボディビル・フィットネス連盟 副理事長を務めさせていただいています。

上田市の選手が1人でも多く増えることを願います。

最新記事

すべて表示

何でも続けるって難しいですね。 遊びである趣味でもそれだけをずっと続けている人は少ないと思います。 健康の為にウォーキングしたり、筋肉をつけないといけないからと筋トレ始める人も昨今は多くなったと思いますが、続かない人が圧倒的に多いですね。 何年も何十年も継続できる人は、それだけで才能と言われます。 筋トレ含め運動は、継続してこそほんとうの効果を得られます。 とにかくゆっくりでいいので、諦めず歩を進

コロナ禍で不自由は多いですが、そのおかげでボディビルやフィットネス競技への参加選手は増えてきました。 長野県においても若い選手の出場が格段に増えました。 特に女性選手の増加は嬉しいことです。 今期もそろそろ選手登録が始まりますが、ジム内にある上田ボディビル・フィットネス同好会にも、新規の登録が増えそうです。 日本大会が8月に移行し始めて、地方やブロック大会の開催が1か月早まっていることもあり早々に

アンチエイジングという言葉が良く聞かれるのは女性の肌に関するものが多いかと思います。 高い化粧品を使って少しでも若くいたい…見られたいと心理。  そういう気持ちは無くしてほしくはありません。 ただアンチエイジングの為に体の中からと考える方が少ないと感じます。 フェイシャルに通ってるのに食事には無頓着だったり…。  体に必要な栄養を摂ること…体が糖化に向かうような食事をしないなど食事改善で肌ツヤはか

bottom of page