top of page
  • eagle19640005

大会出場を目指す

フィジーク部門ができてから、大会を目指す方が増えてきました。

出場だけが目標ではなくやっぱりいい結果を残したいという気持ちは誰しもが持ちます。


その為に懸命にトレーニングをします。

いい結果を残すためには、カラダを造形していかないと上位は難しい。


調整にしてもまず男性は腹筋が明確にわかる絞りでないと予選すら通らない。


比較されて同じくらいの評価となった時、弱い所が多いと不利になります。


トレーニング方法はいろいろありますが、

造形できればいいわけです。


形ができてこないということは、ダメなことをしている…そこに目を向けてください。


自分が1番自分を厳しく見ること。

自分を良く見てしまうと選手として伸びません。

結果をだしたければ、自分に厳しく

トレーニングも妥協などしないこと。


結果がでなかったら、審査員批判などせずに

何が足りなかったのかを分析してダメなところを改善するために、またトレーニングをする。


そしてまた、自信持って次のステージに立ってください。

スポットライトを浴びて立つステージの気持ち良さは誰しもが味わえるものではないですから。

どんどん大会を目指す方が増えたらいいなと思います。

JBBFという団体にも加入してレベルの高い所で戦う選手が増えることも希望します。


私もJBBFの長野県ボディビル・フィットネス連盟 副理事長を務めさせていただいています。

上田市の選手が1人でも多く増えることを願います。

最新記事

すべて表示

日本マスターズに集中して💪

6月下旬にモンゴル🇲🇳で開催されるIFBBアジア選手権の出場打診がきた。まだ減量に入っていないので、その時期に仕上がりをピークに持っていけるかということもあり今回は出場を辞退しました。 昨年の世界大会以降、やはり日本を勝って代表で行かなければという思いが強くなりました。 今も気持ちは世界大会で負けた選手にリベンジする為にどうするか?を考えて外人選手全体的に発達してるなと感じた部位の強化と体重差

又聞き

先日もう15年以上の付き合いの男性美容師さんに切ってもらっている時の話で、妻も担当していてその時の会話で、息子がお父さんを尊敬してるという話を妻にしたらしい…日本代表まで登りつめ世界大会まで行ったこと…。自分が苦しかった時に一度でもがんばれと言わなかったということを話したそうです。 がんばれと言われなかったことが、嬉しかったらしい。 私もただ言わなかったわけではなく話を聞いてがんばれと言うことはで

2月

早いもので2月になりました。 3月になれば春近しで、嫌な寒い時期も終わっていきます。 冬季は、体の冷えで不調を感じることが多くなります。 風呂にゆっくり浸かる・体を温めるものを食材に取り入れる・ゆっくりストレッチをするなど 対処しましょう。 我慢して何もしないことの方が冬季を辛い思いで過ごすことになります。 春夏秋冬の旬の食材は、その次に来る季節の為の体の準備と言われます。 野菜も冬が旬のものを食

bottom of page