top of page
  • eagle19640005

今シーズンの大会へ

3月からいよいよ9月の全国大会へ向けて調整に入ります。

いつからか減量という言葉を使わなくなりました。 大会へ向けての調整。

減量幅がデビューした頃に比べて半分になったことで体重計にも、ろくに乗らなくなり減量しているという感覚ではなくなってきたことが理由です。

大会そのものも、減量大会ではないので何キロ落としたとかは関係ないですから。


思えばこうしてまた大会へ向けて調整できるのも今は幸せに思える。

一昨年秋に名阪高速で玉突きに遭い頭をフロントガラスにぶつけて割ったらしい…

当たった記憶もなく少し気絶していたであろうことくらい…

救急車で一宮西病院に搬送されCT検査。

幸い急性硬膜下血腫はなく…

しかし以降の慢性硬膜下血腫の可能性もあり再検査までの1か月は不安と恐怖の中にいました。 寝たら目覚めないかもと常に思っていましたから。

再検査の結果も脳も頸椎も無傷。

首と肩・背中の筋肉の損傷ですみました。

普通なら頸椎は危なかったらしいですが鍛えた筋肉が守ってくれたと看護師さんから言われました。障害者の可能性もあったわけです。

2か月半休みトレーニングは再開。


最新記事

すべて表示

何でも続けるって難しいですね。 遊びである趣味でもそれだけをずっと続けている人は少ないと思います。 健康の為にウォーキングしたり、筋肉をつけないといけないからと筋トレ始める人も昨今は多くなったと思いますが、続かない人が圧倒的に多いですね。 何年も何十年も継続できる人は、それだけで才能と言われます。 筋トレ含め運動は、継続してこそほんとうの効果を得られます。 とにかくゆっくりでいいので、諦めず歩を進

コロナ禍で不自由は多いですが、そのおかげでボディビルやフィットネス競技への参加選手は増えてきました。 長野県においても若い選手の出場が格段に増えました。 特に女性選手の増加は嬉しいことです。 今期もそろそろ選手登録が始まりますが、ジム内にある上田ボディビル・フィットネス同好会にも、新規の登録が増えそうです。 日本大会が8月に移行し始めて、地方やブロック大会の開催が1か月早まっていることもあり早々に

アンチエイジングという言葉が良く聞かれるのは女性の肌に関するものが多いかと思います。 高い化粧品を使って少しでも若くいたい…見られたいと心理。  そういう気持ちは無くしてほしくはありません。 ただアンチエイジングの為に体の中からと考える方が少ないと感じます。 フェイシャルに通ってるのに食事には無頓着だったり…。  体に必要な栄養を摂ること…体が糖化に向かうような食事をしないなど食事改善で肌ツヤはか

bottom of page