top of page
  • eagle19640005

中高年のボディビル

昨日のこと…お話を持ってきてくれた方は若い頃からウェイトトレーニングに励み、私がトレーニングを始めた頃には原宿のウォッシュマンズの店先でベンチプレス大会を開催していた方です。

私もトレーニング初心者の頃ベンチプレス大会を覗いていました(^^)

そんな方がこの上田市にいます。

今はアウトドアに励んでおられますが筋トレらしいことをしなかった為、筋肉の衰えと内科的疾患を患うことになり、食事を変えて内科的疾患は克服できてきているそうですが、やはり細くなった脚が気になったそうです。

周りにもウェイトトレーニングをちゃんとやりたいというお仲間がいるそうで、中高年でも筋肉が付くんだということを理解してもらい本気で筋肉造りに励む会を作りたいそうです。

で…57歳還暦間近の私に声がかかりました。

来月一度セミナーを行い筋肉への理解を深めていただく場となります。


私自ら年齢関係なく進化を辿っていますので、筋肉の可能性を信じて本気と覚悟を持って取組める会になればと思います。

大会に出なくてもかっこいい体の親父が増えたらいいなと今から思います。


私も還暦までに仕上がり体重3キロ増を目標に

日本選手権終了の翌日からすでにその課題に取り組んでいます。

筋トレは生涯スポーツです。

筋肉がしっかりしていなければ普通の生活すら大変になります。

筋肉量を増やすのはほんとうに大変です。

ですから筋肉増やしてやろうという本気の気持ちと覚悟が必要なんです。

でもそれを面白がってやれるようになれば、当たり前に続けてがんばれます。

中高年のボディビル…介護予防的運動レベルでは当然ないので楽しみです。

最新記事

すべて表示

何でも続けるって難しいですね。 遊びである趣味でもそれだけをずっと続けている人は少ないと思います。 健康の為にウォーキングしたり、筋肉をつけないといけないからと筋トレ始める人も昨今は多くなったと思いますが、続かない人が圧倒的に多いですね。 何年も何十年も継続できる人は、それだけで才能と言われます。 筋トレ含め運動は、継続してこそほんとうの効果を得られます。 とにかくゆっくりでいいので、諦めず歩を進

コロナ禍で不自由は多いですが、そのおかげでボディビルやフィットネス競技への参加選手は増えてきました。 長野県においても若い選手の出場が格段に増えました。 特に女性選手の増加は嬉しいことです。 今期もそろそろ選手登録が始まりますが、ジム内にある上田ボディビル・フィットネス同好会にも、新規の登録が増えそうです。 日本大会が8月に移行し始めて、地方やブロック大会の開催が1か月早まっていることもあり早々に

アンチエイジングという言葉が良く聞かれるのは女性の肌に関するものが多いかと思います。 高い化粧品を使って少しでも若くいたい…見られたいと心理。  そういう気持ちは無くしてほしくはありません。 ただアンチエイジングの為に体の中からと考える方が少ないと感じます。 フェイシャルに通ってるのに食事には無頓着だったり…。  体に必要な栄養を摂ること…体が糖化に向かうような食事をしないなど食事改善で肌ツヤはか

bottom of page