top of page
  • eagle19640005

リハビリ的筋トレ教室

行政の運動教室として、18年程続くやさしい筋トレ・貯筋運動という教室を上田城跡公園・剣道場にて毎週金曜日の午前10時から11時まで開催しています。(体育館都合での休講あり)

行政の教室としては春10回・秋10回のみですので、後はサークル活動として行なっていますので1年中の開催となります。来年度上田広報誌への春秋の募集要項は4月号と7月号にて掲載されます。

サークル活動は募集はしていませんので、希望者には都度直接体育館に来ていただいています。

その際、相談があれば受けていますし、体験もしていただけます。

人間にとって1番必要な筋肉を鍛えることへの継続性の為に皆んなでがんばれる教室というのも、必要な環境です。

コロナ前は60余名の大所帯でしたが、コロナ禍で参加は減り今は40余名に回復はしてきました。

10年以上継続参加されている方5年以上継続など多くおります。

雑談も楽しんでいただきながら、ゆっくり進めていますが、勿論効果を得られる内容になります。

週1回の教室ですが、あとの6日は筋トレしようなんて思わなくていいから、教室の日だけ頑張って…とお話してやってもらっています。

このブログを読んで、周りに筋肉無くて困っている方や手術したあとのリハビリをしたい方がいましたら、声かけてあげてください。

もちろんジムで自分のライフスタイルに合わせてリハビリトレーニングもできますが、1人は…と考える方には教室はいい環境となります。

継続期間が長い方が多いのも、その証拠になります。

介護予防に不可欠なのは、筋肉強化です。

ジムでも教室でも、合う環境を見つけてじっくり筋肉を育てていただきたいと思います。

筋肉は必ず育ちます。

30年以上大事に育て続ける男の経験からの思いです。

最新記事

すべて表示

日本マスターズに集中して💪

6月下旬にモンゴル🇲🇳で開催されるIFBBアジア選手権の出場打診がきた。まだ減量に入っていないので、その時期に仕上がりをピークに持っていけるかということもあり今回は出場を辞退しました。 昨年の世界大会以降、やはり日本を勝って代表で行かなければという思いが強くなりました。 今も気持ちは世界大会で負けた選手にリベンジする為にどうするか?を考えて外人選手全体的に発達してるなと感じた部位の強化と体重差

又聞き

先日もう15年以上の付き合いの男性美容師さんに切ってもらっている時の話で、妻も担当していてその時の会話で、息子がお父さんを尊敬してるという話を妻にしたらしい…日本代表まで登りつめ世界大会まで行ったこと…。自分が苦しかった時に一度でもがんばれと言わなかったということを話したそうです。 がんばれと言われなかったことが、嬉しかったらしい。 私もただ言わなかったわけではなく話を聞いてがんばれと言うことはで

2月

早いもので2月になりました。 3月になれば春近しで、嫌な寒い時期も終わっていきます。 冬季は、体の冷えで不調を感じることが多くなります。 風呂にゆっくり浸かる・体を温めるものを食材に取り入れる・ゆっくりストレッチをするなど 対処しましょう。 我慢して何もしないことの方が冬季を辛い思いで過ごすことになります。 春夏秋冬の旬の食材は、その次に来る季節の為の体の準備と言われます。 野菜も冬が旬のものを食

bottom of page