top of page
  • eagle19640005

スクワット

昨日長野市から定期的にパーソナルを受けに来る男性が最後の種目にスクワットを見てほしいとのこと手フォームチェックをしました。

バーを担ぐ位置がややローバーだったので前傾姿勢がやや強め…この場合腰が痛くなる場合が多いので、注意点としてしゃがんだ時の意識として、ハムストリングから尻にかけても同時にストレッチをかけにいく意識をすること…立ち上がりで四頭筋と同時に尻も締めるようにして立ち上がることをアドバイス。 尻が使えたら腰は痛くならない旨を伝えました。

やはり見てほしかった理由は腰が痛くなるということでした。

答えが分かってスッキリした様子でした。

スクワットで尻まで使うには技術を要するのですぐできないと思いますが、ブルガリアンスクワットも加えながらお尻の動かし方を覚えてくれたらいいと思います。


スクワットは下半身全体を強化します。

その全体をしっかり使い強化するためにはやはり大きく使う筋肉の動かし方が重要になります。

スクワットの場合は骨盤を動かせないとなかなか完璧なスクワットまでは行き着きません。


筋肉を鍛えるということはとても奥深いものです。

ですから、筋トレをしてもなかなか体が変わらないと悩む人が多いのです。

自分も教わって感じることですが、体を造った人に教わりその技術を知ることは大切です。

ただその技術を体得するにも時間はかかります。

知ったからできる…は違います。

知識はあっても技術がない人…多く見受けられます。 動きを見たら分かりますね

最新記事

すべて表示

何でも続けるって難しいですね。 遊びである趣味でもそれだけをずっと続けている人は少ないと思います。 健康の為にウォーキングしたり、筋肉をつけないといけないからと筋トレ始める人も昨今は多くなったと思いますが、続かない人が圧倒的に多いですね。 何年も何十年も継続できる人は、それだけで才能と言われます。 筋トレ含め運動は、継続してこそほんとうの効果を得られます。 とにかくゆっくりでいいので、諦めず歩を進

コロナ禍で不自由は多いですが、そのおかげでボディビルやフィットネス競技への参加選手は増えてきました。 長野県においても若い選手の出場が格段に増えました。 特に女性選手の増加は嬉しいことです。 今期もそろそろ選手登録が始まりますが、ジム内にある上田ボディビル・フィットネス同好会にも、新規の登録が増えそうです。 日本大会が8月に移行し始めて、地方やブロック大会の開催が1か月早まっていることもあり早々に

アンチエイジングという言葉が良く聞かれるのは女性の肌に関するものが多いかと思います。 高い化粧品を使って少しでも若くいたい…見られたいと心理。  そういう気持ちは無くしてほしくはありません。 ただアンチエイジングの為に体の中からと考える方が少ないと感じます。 フェイシャルに通ってるのに食事には無頓着だったり…。  体に必要な栄養を摂ること…体が糖化に向かうような食事をしないなど食事改善で肌ツヤはか

bottom of page