top of page
  • eagle19640005

スクワット

昨日長野市から定期的にパーソナルを受けに来る男性が最後の種目にスクワットを見てほしいとのこと手フォームチェックをしました。

バーを担ぐ位置がややローバーだったので前傾姿勢がやや強め…この場合腰が痛くなる場合が多いので、注意点としてしゃがんだ時の意識として、ハムストリングから尻にかけても同時にストレッチをかけにいく意識をすること…立ち上がりで四頭筋と同時に尻も締めるようにして立ち上がることをアドバイス。 尻が使えたら腰は痛くならない旨を伝えました。

やはり見てほしかった理由は腰が痛くなるということでした。

答えが分かってスッキリした様子でした。

スクワットで尻まで使うには技術を要するのですぐできないと思いますが、ブルガリアンスクワットも加えながらお尻の動かし方を覚えてくれたらいいと思います。


スクワットは下半身全体を強化します。

その全体をしっかり使い強化するためにはやはり大きく使う筋肉の動かし方が重要になります。

スクワットの場合は骨盤を動かせないとなかなか完璧なスクワットまでは行き着きません。


筋肉を鍛えるということはとても奥深いものです。

ですから、筋トレをしてもなかなか体が変わらないと悩む人が多いのです。

自分も教わって感じることですが、体を造った人に教わりその技術を知ることは大切です。

ただその技術を体得するにも時間はかかります。

知ったからできる…は違います。

知識はあっても技術がない人…多く見受けられます。 動きを見たら分かりますね

最新記事

すべて表示

北陸甲信越選手権終了

7月15日に塩尻市レザンホールにて開催された北陸甲信越選手権は、6県対抗戦第1回大会でもあり出場選手数も200名近かった為、大いに盛り上がった1日となりました。 当上田ボディビル・フィットネス同好会選手は、メインの男子ボディビルで11位と12位(決勝12名) 40歳マスターズで8位  50歳マスターズで5位と4人の入賞者でした。 来年は福井県開催となります。 選手はこれでシーズンオフですが、私はこ

只今減量中

先週水曜日辺りから疲労感が強く重量扱ってもスタミナ切れが激しく粘れない…土曜日の疲労感がまた兎に角強くて、しばらく止まってた体重が落ちてるなーと感じて日曜日に測定したら1キロ落ちてました。 この体重で、もう昨年秋の最終戦で測定した体重に近づき見た目も納得の状態になりました。 来月15日の今年初戦もいい仕上がりを見せられます。 今年も世界へ辿りつけるようにがんばろう‼︎

講習会

今年は例年通りの講習会をしたり新しく講座を頼まれたりと有難いお話をいただいています。 今日は病院から講習会の依頼がありました。 これからも年は重ねますが、年齢はただの数字を体現しながら健康事業に邁進していきたいと思います。 明日15日は塩尻市レザンホールにて長野県大会が開催されます。 厳しい減量を乗り越えて辿り着くステージですから楽しんでポージングしてもらいたいと思います‼︎

Comments


bottom of page